取扱い業務

企業活動に関する法律

お勤めの方も個人事業主の方も,日常的な場面では法律や契約を意識して行動する機会がそれほどないかもしれません。
しかし,普段は何気なく使用している標準的な契約書や業務マニュアル,ルール,商慣行などは,実は様々な法律・判例の裏付けがあって作成されています。
日常的な手順では対応できないようなトラブルやイレギュラーな事態が発生した場合には,それら法律・判例に対する理解や知識の有無が,結果に重大な影響を与えます。
転ばぬ先の杖として,当事務所の弁護士の御利用をご検討ください。

詳しくはこちら

市民生活に関する法律

弁護士という職業は,医師や僧侶と並んで,人の不幸が職業の元になっています。弁護士である私たちですら,弁護士とつきあう機会がない人の方が幸せな人であると思っています。
しかし,生きていく中で,人は様々な問題に直面します。
「借入れたお金がとても返せない」,「一人暮らしの父が高齢で,財産管理に不安がある」,「夫婦間のトラブルで娘から離婚を考えているとの相談があった」,「あてにしていた家賃が入らず,ローンが支払えない」,「絶対に迷惑を掛けないと言われてなった保証人なのに,債権者から請求書が届いた」,「交通事故の加害者が保険を掛けておらず補償がしてもらえない」などのトラブルは決して人ごとではないと思います。
病気をしたときに医師の診察を受けるように,法律的な問題に直面されたときには,迷わず弁護士へご相談下さい。

詳しくはこちら