企業活動に関する法律

企業活動にかかわる法律は広範に存在し,しばしば改正もされます。
しかし,よく発生する法的トラブルや問題は得てして重複していることも多いものです。
当事務所の弁護士にご相談を頂けば,直ちに有用なご回答を提供することができる場合もあります。
どんな問題についても,まずは一度,ご相談下さい。中小企業相談は相談無料です。

なお,当事務所の弁護士には知見のない特殊な専門分野のご相談の場合は,当該分野に明るい他の法律事務所の弁護士をご紹介させて頂くこともできます。

商取引

  • 取引先から提示された契約書に,どのようなリスクがあるのか,またそのリスクを低減するような修正・対案の作成をしてもらいたい。
  • 現在計画している取引は,売買,請負,委任等の典型的な契約ではなないので,契約書を一から作成をしてもらいたい。
  • 長年使い回している取引契約書,就業規則等をアップデートしたい。
  • 発注・元請企業から一方的な取引条件を示されているが,独禁法又は下請法について教えて欲しい。
  • 契約書類を作成せずに作業を開始し,仕事は完成したが,取引先が何度請求をしても支払をしない。

金融

  • 取引先が破たんし,法的整理をする旨の通知が弁護士から届いた。
  • 資金繰りが苦しく,法的整理(民事再生等)も視野に,経営の立て直しを図りたい。
  • 不動産担保ローン(抵当権・根抵当権設定)を組んで事業資金の借り入れをしているが,当該不動産を任意売却して,有利子債務を圧縮したい。

 

会社法

  • 共同経営者間で意見の相違があり,経営権を巡って対立を生じている。
  • いわゆる同族会社だが,先代の死去に伴って,持ち株が分散し,後継者が決まらない(後継者間で対立がある。)

 

倒産

  • 取引先が破産申立をした。裁判所から債権届出をするように通知が来たが,できるだけ多く配当を受けられるように,正しく債権届出をしたい。
  • 取引先が民事再生申立をした。継続取引を頼まれているが,せめて,さらに損をするリスクはないようにしたい。

労働

  • 構内での作業中に事故があり,従業員が大けがをしてしまった。その後長期間にわたり治療を理由に休職している。
  • 従業員が外回り中に交通事故を起こしてしまった。従業員の私有車を業務に使用させていたが,任意保険に未加入であった。
  • 通勤途中に従業員が痴漢をして逮捕されてしまった。会社として被害者にどのように対応すれば良いか。
  • 従業員が勤務時間内に仕事と無関係なWebページを見たり,電子メールを送受信している。当社の就業規則上どのような対応をとるべきか。
  • 従業員が会社の信用を毀損する様な投稿をSNSにしているようだが,どのような対応を取るべきか。また,今後このようなことが生じた場合に備えて,就業規則を改定したい。

IP・知的財産権

  • 当社が委託開発したサイトを無断でコピーして利用している業者が居る。差し止めて,損害の賠償を請求したい。
  • 業務効率化のためにシステム開発を委託したが,完成が大幅に遅れた上に,期待した仕様を満たしていないのに,多額の委託料・請負代金の請求を受けている。
  • ソフトウェアの著作権を管理するという団体から突然ソフトウェアの不正使用を警告する内容の警告文書が届いた。
  • Web上で当社を誹謗中傷するような内容の書き込みを発見した。