鍼治療により発生した気胸

【ご相談】匿住所・Mさん
 先日,近くの鍼灸院で施術を受け,帰宅した直後から,セキや胸痛,呼吸困難の症状が出ました。すぐに呼吸器科を受診したところ,鍼治療の際に深く針を刺されたことより生じた外傷性気胸,との診断を受けました。幸いにして,私の気胸自体は軽症で一週間程度で自然治癒するものだったそうです。
 このような場合,
1)鍼灸院へ支払った施術費,呼吸器内科へ支払った診療費,慰謝料その他の損害賠償請求の可否・見込み
2)想定される請求金額,弁護士費用その他費用の概算
はどんな風になるのか,教えてください。

【ご回答】
 弁護士は医療についての専門家ではないので,本件が鍼灸師の過失による医療事故かどうかの判断ができかねますが,受診された医師のお話が証明可能な事実であるとすれば,鍼による医原性気胸,いわゆる医療事故の一種と認められますから,あなたは鍼灸院に対し,当該医療事故によって生じた損害(治療費,慰謝料その他)の全額の賠償を請求することが可能です。
 ただし,その金額は,1)既払い施術費(鍼灸院の債務不履行に基づく料金返還請求),2)治療費(呼吸器内科へ支払った実費の賠償請求),3)通院慰謝料(全治1週間の傷害を受けたことに対する精神的苦痛)に留まるものと見られるので,およそ総額1~10万円程度に留まるものと思われます。
 次に,弁護士費用ですが,弁護士は医療についての知見がなく,相談者の話のみでは有過失・損害額等の判断ができませんので,医療事故については,まず「調査受任」(診療記録等の収集・保全と専門医への意見照会等の事前検討作業のみの受任)という形で,事前の調査費用20~50万円のご負担をお願いすることが一般的です。
 その調査受任の作業が完了した後,加害者への法的請求が可能(有過失・損害額等が証拠により立証可能)と判断をされると,他の一般民事事件と同様に着手金・報酬金の支払いを弁護士と約束することになります(一般的な弁護士の着手金は最低10万円~,報酬金は最低20万円~です。)。
 したがって,弁護士保険・弁護士特約の契約をお持ちでない限りは,残念ながら,本件を弁護士へ依頼することは,費用倒れ(=費用超過になるため弁護士の方でも受任ができない。)になる可能性が相当に高いと言わざるを得ません。
 もし,あなたが弁護士保険等をお持ちでない場合,医師に「鍼治療を原因として全治1週間の気胸を発症した」旨の診断書を作成してもらい,ダメ元で,御自身にて,鍼灸院へ概算損害額(例えば10万円)の賠償を求めてみられる等の対応を取られるのが,経済的合理性がある行動となるかも知れません。
 なお,かかるプチ医療事故(エステや整骨院など)の相談は近年急激に増加しており,兵庫県でも有志の弁護士グループ(兵庫医療問題研究会)が専門法律相談を行っています。
(弁護士 太田吉彦)